flower border

バラの誘引①

今年の誘引の様子(記録として)一昨年の冬に作った西面のレイズドヘッド花壇初年度の花はフェンスを越えないくらいだったのですが、秋には大きく育ちました。新しい土で生育環境もよかったのでしょう。左側はオーブ、春には草丈に負けて見えなかったのにすごい成長ぶりM氏に素敵なフェンスを作ってもらったのですが、その高さを凌駕してましたから。右からオーブ、クラウンプリンセスマルガリータ、デプレアフルールジョーヌボレ...

応援したいバラ

仲良しのバラ友さんより 自作の素敵なバラの苗をいただきました。優しいパウダーピンクで薫り高いバラ大好きなボタンアイ♡この写真は夏に撮ったものですが、よく返り咲くとってもかわいい子遊びにいくたびに「欲しいなぁ」と 狙っていたのでうれしいヽ(^。^)ノH氏は、バラ好きが昂じて育種にはまり四季咲きで、香りのあるバラの作出を目指しています。今年はコンテストにも初チャレンジするとのこと自分の納得するバラができたな...

MFガーデンは癒しのお庭

一年間、お邪魔するのを 心待ちにしていたお庭今年は無理かな、いけないかなと思っていたのですが、日曜日、タイトなタイムスケジュールを縫って山中湖のMFガーデンを訪ねました。別荘地に ひっそりと広がる、夢のようなお庭塚原さんのお庭は、最高の癒しのスポットです。珍しい花色のヤナギラン、自然交配の妙とでも言いますか清楚な白さが、お庭にマッチしておりました。フウロ草にも自然交配はおよんでいて珍しい花色を 確...

バラ友さんと過ごす濃厚な一日・検証訪問ツアー

今年2月、寒くて 何もない庭を 訪ねてくれた 関西のバラ友さんがこれまた バラが終わって寂しくなった庭を検証するためにやってきました。もっともっと 見てもらいたいのはきれいな庭なのに・・・このこだわりにお応えすべく、お見せすべきは  新しいシュートばかりガジガジする、カミキリムシの被害跡 冬に手を入れてもらった、ジュランビルのなれの果て 見立て通りに、花がダメだったバラを抜いた後嬉々として 写真を撮って...

フェリシテペルペチュの受難

冬にお迎えしたばかりのフェリシテペルペチュハイブリット・センペルウィレンス 半常緑性の系統で、しなやかな細めの枝を多数伸ばすつるバラ。花径5センチほどのポンポン咲き。ご近所に住むバラ友さんは、「バラを買うには名前も大事、何度も声を出して呼びたいような名前の子をお迎えしたい」といっていた彼女の口からこのバラの名前を聞いたのは何年前だったか 。その時は笑って話していたけど、冬にバラを買おうと思ったとき...