flower border

一気に開花しちゃった、グラミスキャッスル

今年2年生のグラミスキャッスル4月26日 蕾が色づいて期待も膨らんで4月28日 グラミス特有の卵みたいな蕾がほころんできた4月29日 開きそ~で、開かない。4月30日 朝一番!ふっくらまん丸がかわいらしい(*^。^*)仕事に行くために、庭に出たらもうこんなに開いてる。咲き進むの早くない??花びらがギュッとつまって、いい感じ♪やっぱり、一番花のグレードは高いよね。でも、こんなに開いているとヤバいかなぁ今日は風が強いし、...

バラ開花祭り開催中のゴールデンな休日♪

ゴールデンウイーク皆さんいかがお過ごしですか?お天気に恵まれて、我が家ではバラの開花ラッシュとなっております。こんなにバラの花が咲いてる連休は初めてです(*^。^*)ジュリア 開ききるのが早いので、開花の瞬間をとらえることができてラッキー!この微妙な茶系の感じがたまりません。同じく茶系の ハニーディジョンこの子は弁質がしっかりしていて、長いこときれいに咲いてくれます。弁端がちょこっとピンクに染まり、ヒラッ...

忘れん坊の男爵・・・バロンジロードラン

去年まで早咲きの代表選手だった、バロンジロードラン今年は他のバラの開花が続いて、つい後回しになってしまいました。早い時期から蕾は膨らんで赤くなっていたのですが、開花に至るまでが長くて、後から来た子に先を越されたりで随分とヤキモキさせられました。ダマスクの香りが自慢で、濃赤紫の花びらを持つバラで咲き進むと花色が薄くなってゆきます。地植え2年目、凄く大きくなったわけじゃないけどちょっと枝ぶりも落ち着い...

ペルルドールはこのくらいが一番可愛いかも♡

今日のバラは、小さくても特徴的で存在感のある、ペルルドールです。フランス語で「金色の真珠」という意味を持つバラ。別名「イエローセシルブリュネ」四季咲きのポリアンサです。花は中心が濃いアプリコットで、咲き進むと褪色しますが、優しい花色は癒し系(笑)3cmほどの小さい花ですが、形の良い剣弁高芯で咲き始め咲き進むと花がくるりんと反り返ります。そのくるりんとした花びらがまた可愛い花びらはよく見ると長方形をし...

第1回ピンクのバラ祭り(*^。^*)

大型連休が始まりました。今年は花が早いから、特に予定を入れず、庭を楽しもうと思ってます。今日は咲き始めたピンクのバラを集めてみました。えっ~と、トップバッターは名前が分からなくなったピンクちゃん甘いフルーティな香りと、抜群の花つきの良さが自慢。花ひとつひとつもとってもきれい。よく見るとボタンアイになっているんだけど、この写真ではわからないか(笑)今年新苗でお迎えした、ラレーヌビクトリア大きな株になる...

今朝の庭から

連日、バラの開花が続いている我が家ですが、今日はバラだけじゃない庭の様子をご紹介します。玄関前のお花たち。早咲きのバラも結構咲いてますよ。右側のピンクの花はこの子!アブラハムダービーって名札付いてるけど、これは絶対違う(>_...

マダムアルフレッドキャリエール・・・う~ん、たまらん!

マダムアルフレッドキャリエールが凄いんです。しつこいとは思うのですが、うれしくてたまりません。よかったら見てやってください。デプレアフルールジョーヌとともに、連休中には満開になりそう。訪問の記念にクリックしてもらえると励みになります。にほんブログ村...

デプレアフルールジョーヌがいっぱい♡

大好きなデプレアフルールジョーヌが次々咲き始めました。*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*ピンクに染まったセンターが、咲き進むにつれてクリーム色にほのかにアプリコットをにじませる美しい花容と色彩が魅力的なバラです。花は小ぶりですが、芳純なフルーツの香りで幸せな気持ちになります。ノアゼットらしくのびやかに、もっとも伸長力のあるタイプカタログにはそう書いてあるから、大きく育つこと...

我が家のニューフェイス、ピースとアプリコットネクター

今年新苗でお迎えした、アプリコットネクター四季咲きフロリバンダにしては、なかなか大きな花です。万人受けする花色と花形で、玄関の特等席にお迎えしました。蕾つきだったから、結構早い時期に咲いていたのですが、ブログアップする時期を逸しておりました。セオリー的には、新苗だから蕾を欠く方がいいのでしょうが、どうしてもこの花を見たかったんです。ねぇ、きれいでしょう(((o(*゜▽゜*)o)))こちらの蕾は、殿堂入りの薔薇...

びわ色のティローズ・レディヒリンドン

今日はちょっと寒かったけど、庭ではバラの開花が続いています。ティローズの名花 レディ・ヒリンドン 赤かった新芽も、開くにつれて緑に染まりひょろりと伸びた赤い枝先に今朝は、長めの平たい蕾がスタンバイ。仕事から帰ってくると、思った通りに顔を見せてくれてました。はにかんだように、うつむき加減に咲く姿に 思わず胸キュン。本当はもっと早く咲くはずだったのですが、嵐の後、庭に出す時に粗相をして蕾を欠いてしまっ...

黒バラが好き!オクラホマとパパメイアン

以前バラ友さんに「黒真珠」を枯らしてしまっていつかまたお迎えしたいと思っていると話したら彼は同じ黒バラ系だからと、「オクラホマ」を持ってきてくれました。早咲きの四季咲きで、濃黒赤紫色の半剣弁高芯咲き花径は13センチのハイブリットティ。そして、とっても強いダマスクの香りを持ったバラです。私はつるとか、シュラブとか、もっさり沢山花がつくのが好きだったのですが、この子にあって、すっと背の伸びたHtもいいなと...

ラベンダーピノキオ&落ちた蕾は誰のもの!

ラベンダーピノキオ開花しました。灰色がかったラベンダー色から薄茶色まで微妙な色合いを持つばらで環境に応じて花色が変わり、花が咲く度に小さな驚きをもたらせてくれます。耐病性はよくありませんが、交配親として重要で「カフェ」「マジェンタ」「あおい」などを生み出しています。なんでも数百種類もの、バラの親になっているそうですよ。ラベンダーピノキオの両親は、グレイパールとピノキオ。色だけなくて、形質も引き継ぐ...

歓迎!マダムアルフレッドキャリエール御一行様

マダムアルフレッドキャリエールが咲きはじめました。昨日の朝6時にはまだ蕾だったのに、仕事に出かける7時半にはもうこんなに開いていました。キャリエールの一番花は花姿も整ってキレイまわりに甘い優しい香りを振りまいてます。いつまでも香りを楽しんでいたい気分になりますね。仕事から戻ったら、すっかり開いておりました。今年は沢山蕾が付いているから、当分は良い香りを楽しめそうです。大歓迎の御一行様、いつまでも滞在...

フランシス・デュブリュイに夢中!

フランシス・デュブリュイが沢山咲き始めた。ただ、ティーローズらしく細い花首の上に、重ねの多い花を咲かせるので、みんな下を向いていました。せっかくのお顔が見れなから、フェンスを立てて花首が倒れないように、指導を入れて(笑)くくってみました。おお~~~いいじゃん!思った以上の出来栄えじゃないですか(*^。^*)時間なかったから、今朝花をじっくり撮ろうと思ったらすっかり表情が変わっていました。やっぱりタイミング...

オリジナルのバラを作ろう・・4月のバラ作り教室は交配実習

日曜日にブルーミングヤードのバラ作り教室に参加しました。今月のテーマは、バラの交配育種オリジナルのバラを作ろうということで、今回の先生は土屋嬢。「もちはもちや、バラは土屋」と仲間内で合言葉ができるくらいバラに関する知識が深くて、頼れるレディです。交配の仕方を簡単に説明すると  おかあさん(種を取るバラ)とお父さん(花粉を取るバラ)   を決めます。  ♀:ガクが下りたら花弁とおしべをすべて除きめし...

キャリエールの蕾にわくわく♪♪

いま庭で私の心をわしづかみにしているのはマダムアルフレッドキャリエール継いで3年目を迎える今年、びっくりする程沢山の蕾をつけてくれました。地植えのバラでは一番条件が悪い所にいるんだけど、北側でも咲くって評判通りの、がまん強いお方なのでしょうか。蕾は空に向かってピンクに染まってきました。毎日見上げて、どんなふうに咲くんだろうと妄想は尽きません思わずにへら~と顔がゆるんじゃう。サマースノーやサハラも多...

香りのバラ・フランシスデュブリュイ開花

バラの蕾も膨らんできたから、庭仕事も楽しくなってきました。今日の開花は、フランシスデュブリュイ。ティローズには珍しいダークレッドでダマスク系の強香花は8cm位のカップ咲きで、繰り返しよく咲きます。秋の花が素晴らしかったので、予定外にお迎えしたものです。あんまりいい香りだから、花に顔をつけて香りを独り占め(笑)バラを見ると、思わず香りを確認したくなるけどそれに十分こたえられるバラ様ですね。やっぱり香りの...

祝サマースノー開花&沈黙の白モッコウバラ

本日のミッションは虫退治!薄暗いうちからツルバラを中心に念入りにチェックしているのだけど、目が慣れないのか、なかなか見つからない。葉っぱをめくり、蕾のきわをそ~と覗いてみたけど補殺できたのは、ヨトウムシ2匹とバラゾウムシ1匹だけチュウレンジハバチの幼虫が、葉っぱに穴をあけていたので紛らわしいから、片っ端から葉をむしり、潰して歩きました。そんな折、サマースノーのフェンスの上に白い花を発見。ヤッホー!!...

バラの蕾と虫被害者1号発見!

今日はお休みなので、早起きして庭仕事。バラたちも気持ちよさそうに葉を拡げ、きらきらしてる。朝日に輝くサマースノーのアーチ、う~んなんだか神々しい(笑)反対側にはピエールドロンサールが植えてあるのですが、我が家で一番の古株は、一度虫にやられてから成長が芳しくありません。冬に土を替えたんだけど、今年もあんまり花がつかないようなのでそろそろ世代交代させようかなぁ・・・つるサマースノーの蕾。房咲きの蕾を見る...

蕾祭り開催!

3日わたる春の嵐もようやく通り過ぎ、庭の被害がなかったことに胸をなぜおろしていましたが部屋に押し込まれたバラたちよく見ると、うどんこ病が蔓延している・・・(>_...

嵐が来る前に・・・

嵐が来るっていうから、朝からバラの鉢を抱えて右往左往。蕾がいっぱいついたところなのに、嵐で蕾を落とすなんてありえない!家じゅうにシートを拡げて、バラ様の大移動開始です。挿し木のバラも含めると、70鉢弱。今日は家族のヒンシュクを買わないように、鉢バラの半分は2階に上げたので、既に汗だくへろへろです。ダイニングにもゲストとして来て頂きました。パネルフェンスには、去年新苗でお迎えしたつるアイスバーグ2年...

悩ましい蕾

子だくさんを思わせる沢山の蕾、ラベンダーピノキオです。さすがに全部咲かせるわけにもいかないかなぁ 花のためには摘蕾が基本ですが、房咲きを楽しみたい気持ちもあったりします。春のピノキオ、開ききった時のしベの姿もかわいらしい。秋の花、花びらは少ないけど匂い立つ乙女のような可憐さやっぱり、花数揃えてなんぼって感じのバラ様じゃないかと思うんです。咲いたところを想像しながら、蕾の処遇を考えてはみるものの何と...

ブラインドとうどん粉病と取り違い花壇

先日、「バラやさんが寄ってくれたよ」と義母に言われ、ブルーミングヤードの上内さんに電話するとバラの様子を見に寄ったら、ブラインドの株があったからピンチしといたってまだ蕾が見えるかどうかというところだから、ブラインドの心配なんかしてなかったので、盲点突かれた気分。よく見るとイヴピアチェとギーサヴォアにピンチの後が・・・いったい私は何を見ていたのかしら?芽が出た、蕾が出たって浮かれている場合じゃなかっ...