flower border

牛ケ峰(高山

Category山歩き
牛ケ峰(高山) 716.9m

コースタイム
H29.1.12(木)
静岡SIC(9:32)----水見色バス停(9:50)・・・林道終点(10:31)・・・高山の池入口(11:00)・・・高山の池(11:19)・・・牛ケ峰(11:24~12:40)・・・谷沢(14:05)


今年の一月より社会保険センターの健康ハイキングを受講することにしました。
去年から、ちょっと山歩きにはまっている相棒との夏山縦走するための体力をつけることが目的ですが、単純に山歩きが楽しいんです。幸い仕事も3月で一区切り、残った有給休暇を山歩きで消化する作戦です。 

IMG_1543.jpg

記念すべき第一回は静岡市の牛ケ峰、地元では高山と呼ばれており、
静岡市の市民の森あ(生活環境保全林)として山頂は整備され
、学習展示施設「森の恵」を中心に、散策の森、遊びの森と四季折々の自然に触れ合うことができるところです。
牛ケ峰の山名は、静岡市街から北西方面を見ると牛の背の様にゆったりした山容に由来しています。

IMG_1517.jpg

この講座の登録人数は30名弱、4つの班に分かれ、班ごと登っていきます。
今回は水見色バス、停から準備体操をして登山開始です。
まずはお茶畑を見ながら林道をあがっていきます。

IMG_1516.jpg

林道の終点からは山道となり、茶畑から植林された杉の林を登っていきます。
森はよく手入れされており、一定の感覚をもって植栽され、
丁寧に枝打ちされた杉が直立しています。
道は高山の池の入口で林道とぶつかります。 
10分ほどで高山の池につきました。

IMG_1523.jpg

山の中の小さな池ですが、温暖な静岡には珍しい水芭蕉があります。
平成7年に群馬県片品村より譲り受け植栽されたそうです。
尾瀬からやってきた水芭蕉ってことですね。

IMG_1521.jpg

ここからいったん登山道を離れて中間展望台へ、山の峰の向こうに駿河湾が見えます。
ぐるっと回って、池からの分岐を30分コースを選択して山頂に向かいます。

山頂はカヤトが刈り払われた広い広場になっており、北東方面には竜爪山から真富士山など安倍川東岸の山々、稜線の上には富士山がのぞいている。東方面には浜石岳から駿河湾、麻機山や日本平、静岡市街が一面に見渡せとっても開放感あふれるものとなっています。

IMG_1525.jpg

IMG_1528.jpg

IMG_1529.jpg

IMG_1530.jpg

展望台やバイオトイレも整備されており、ポカポカと暖かい草原でのんびりとお昼休憩をとります。

新参者は私だけで、皆様軒並み10年選手というメンツ。しかも高齢化率が半端ないです。
初めの挨拶が、「最近高齢者の定義が変わって、後期高齢者からただの高齢者に戻ってきて方も多かったことと思いますが・・・」だったりするわけです。
下手すると親の世代のかたもいらっしゃるようですが、皆様親切でやさしい。
最年少ということで皆様にいろいろと教えを請いながら、
失礼のないように接し、山の仲間として仲よくしていただけるといいな。

お菓子やおかずの飛び交うお昼休憩を楽しんだ後はみんなで記念撮影。

IMG_1534.jpg

その後谷沢方面へ下山しました。北の斜面には盛大な霜柱がありました。
急な山道を下っていくと、茶畑が放置されて背丈以上に大きく野生化した茶の木の林が出てきて、静岡らしいというか何というか複雑な気持ちになりました。

IMG_1535.jpg

IMG_1537.jpg

道は荒れて、木の根に足が撮られそうになります。滑らないように注意しながら降りていきます。なかなか緊張を強いられるところもありましたね。杉林に出て、農業用のモノレール沿いにおり林道にぶつかれば山道とはお別れです。
林道を歩いて谷沢のバス停へ向かいます。

IMG_1538.jpg

初参加でしたが、自分で車で行くのと違って、登り口と下り口が選べるってのは楽しいですね。
行き帰りもゆっくり休めるし、ペースもとってもゆっくりで汗もそんなかかなかったように思います。
急がなくても、山には登ることができるんだよなぁと再確認しました。

楽しい山歩きでした。皆様ありがとうござました。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment